◆若年性認知症の悲劇 仕事でミス続き社内で孤立、退職に追い込まれ…

本日ぼくが注目したニュース記事です。

 若年性認知症を47歳で発症し、退職後にアルツハイマー病と診断された男性の妻が、初診日が在職中でなくても障害厚生年金を受給できるよう、法改正を求める署名活動を続けている。働き盛りの世代が認知症になった場合、仕事のミスを繰り返すなどして職場で孤立し、本人も家族も認知症と気付かないままに退職してしまうことが多い。65歳未満で発症する若年性認知症の人は全国に4万人弱。働き手を失った家族は経済的に困窮し、「本人に優しい心を向けた介護や、生活を続けることすら難しくなる」と悲痛な叫びを上げている。

詳細はこちら≫ http://rss.rssad.jp/rss/artclk/ynYUU_GrRafY/ce4240951e486a1f1c16ce656af7fcf8?ul=1zrWAf92.8h3yfpuZiNaITPg.K8HU3K8S.9nFw3NCmRatMKET07Cdda26oySydHqA1j7jg4LTTjrQ0WX3kMxLbewNDoIGbrMKUQu2ALe96tzOUg18