ぼくはWindows8.1 Pro with Media Centerを使っていました。パソコンは3年数ヶ月前にマウスコンピュータで買ったタワー型です。

Windows10に無料でアップグレード出来ると知り、予約して、マイクロソフトから「Windows 10 のご予約が成立しました – 次のステップ」というメールが届いたのが7月23日。

7月29日にインターネット上でWindows10の配布が開始され、無事にアップグレードが出来たという人の情報がブログやツイートに出始めました。ところが、ぼくの所には「準備できました」といった連絡が来ません。あわてることも無いかな・・・などと思い、しばらく待っていました。

1週間過ぎ、2週間過ぎ、バックグラウンドでWindows10らしきファイル群がダウンロードされて7月30日には終わっているように見えるのに、いったいどうしたんだ?

気になってWindows Updateを手動で動かしてみました。

Windows Update

するとこんなメッセージが。

Windows Update

なぜ「Insider Previewをインストール前にご注意ください」というメッセージが表示されるのか。訳が分かりません。「PCをチェック」をクリックして、しばらく経つと・・・「利用できる更新プログラムはありません」で処理終了!なぜ?

Windows Update

更新履歴を表示してみると、「Windows 10 Pro にアップグレード」が失敗となっていました。毎日何回も手動でWindows Updateを動かしたので、エラーの山となってしまいました。

Windows Update

色々迷った末に、思い切ってWindows10に手動アップグレードすることにしました。ぼくの場合、Windows10に未対応と案内されているソフトを使っていませんし、特殊な作業をしているわけでもありませんので、何かあっても何とかなるだろうと判断した次第です。

実施したのは8月14日。
(その2)に続きます。