JR東海は11日、台風19号の影響で、東海道新幹線の東京-名古屋間で12日始発から終日、運転を取りやめる計画運休になると発表した。名古屋-新大阪間も上下計6本のみの運行となる。JR西日本も、山陽新幹線新大阪-岡山間が12日午前中で運転を打ち切ると発表。ほかの区間も大幅に運転本数を減らす。首都圏のJR在来線も12日から13日にかけて計画運休になる見通しで、週末の交通機関は各地でストップすることになる。