四国電力は、燃料価格が高騰していることなどから、大半の家庭が関係する「規制料金」と呼ばれる料金プランについて、来年4月から平均で28.08%値上げすることを、28日、国に申請したことを明らかにしました。「規制料金」の値上げを申請するのは、東日本大震災に伴って原子力発電所の運転が停止し経営が悪化した2013年以来です。