奈良時代の聖武天皇ゆかりの品や、シルクロードを経て大陸から伝わった宝物を納めた奈良市の正倉院で1日、年に1度、宝庫を開ける「開封の儀」が行われた。