終戦の前日にアメリカ軍の爆撃で500人以上が犠牲になったとされる大阪 京橋駅の空襲から14日で76年となり、空襲を生き延びた人や遺族が参列して慰霊祭が行われました。