ワシの購入したNexus5はSIMフリー版で、携帯電話会社と契約する気も無いので、電話したいときはIP電話を使うことになる。
通話で一番人気なのはLINEとSkypeだと思うが、ワシは固定電話への発着信を格安でしたいので、別の手段を探していた。
そして良さそうなのを見つけた。



それはブラステルカードIP電話アプリを使って発信する方法である。
そして格安SIMカードを利用して、ブラステルからIP電話050番号を取得して、着信を可能にする。
このページでは、ブラステルカードの取得から発信の設定まで載せる。

ブラステルカードとは?

ブラステルカードはプリペイド式の通話カード
これを使うと、初期費用や月額料無しで、電話回線発信が6秒単位に2円の課金となる。
これは安い!
詳しくはブラステル公式サイトへ。

ブラステルカードをゲットする方法

まずはブラステルカードをコンビニで手に入れる。
ワシはファミマで手に入れた。
初めにセブンイレブンへ行ったのだが、店員に尋ねたら「扱ってない」と言われてしまった。店員のスキルに注意したい。

ファミマなら「Famiポート」のそばに置いてあることが多いようだ。

【2017年1月29日追記】 以前はローソンにもありましたが今は置いてないようです。ブラステルカードが置いてあるコンビニはブラステル公式サイトによると、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、ココストア、セーブオンです。

カードだけなら無料なので、1枚もらって帰宅する。

ブラステルカード表と裏
ブラステルカード表 ブラステルカード裏

カードをブラステルに登録

次にカードにチャージするのだか、その前に、このカードをブラステルに登録しなければならない。
そうしないと、コンビニのスマートピットで入金しようとすると「その番号は登録されていない」というようなエラーになってしまうのだ。

ブラステルのホームページに「マイアカウント」の「ログイン」というアイコンがあるので、クリックして、指示に従って「スマートピット入金設定」をする。
これは即時に完了する。
なお、クレジットカードによる入金もできる。

ブラステルカードにチャージ

「スマートピット入金設定」が完了したら、コンビニで「スマートピット入金」をする。
やり方は省略。
既定値は2000円。これが最低額らしい。
入金が完了すると、ブラステルのホームページの「マイアカウント」でカード残高が確認できる。
ちゃんと2000円になっていた。

スマホの設定

さあ、やっとスマホの設定だ。
まずはアプリのインストール。
Playから「AGEphone」を選んだ。ブラステルのホームページでは無料アプリとして「Cloud Softphone」が載っている。ワシは雑誌「ミスター・ピーシー」のオススメに従ってみた。
AGEphoneAGEphone
 「テンプレートの選択」で「Brastel Card」を選ぶ。次の画面は何も入力せずに「OK」をタップする。すると、アクセスコードの入力画面が出るので、カード裏のコードを入力する。
AGEphoneAGEphoneAGEphone
これで設定完了。市外局番からダイヤルすると発信できた。めでたしめでたし。なお、AGEphoneには独自の電話帳は無いみたいで、「連絡先」をタップするとGMailの「連絡先」が表示される。その中から相手先をタップすると、いきなり発信してしまうので注意!(^_^;
AGEphone

【追記】ブラステルから、オリジナル電話アプリ「050 Free」が2015年2月から提供開始されています。上で紹介している「AGEphone」は使わない方が良いです。

→「格安SIMの設定」へ続く。